お知らせ

「地域の木造施設と室内環境問題を考える勉強会」in長野県諏訪市


平成22年に施行された「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」をはじめ、地域において木造施設が増加しています。今回諏訪市において建築家・三澤文子氏をお招きして、地域の木材を使った施設建築の勉強会を開催いたします。

今回は今なぜ木造施設が求められているのか、木造施設の有効性、木造の室内環境と健康との関係、地域の特性を生かしたパッシブ建築などをお話いただきながら、参加者とともに地域に根ざした木造施設建築のあり方を勉強していきます。



<セミナー概要>

日 時:2019年2月28日(木)13:40〜16:30
会 場:諏訪市文化センター
   (長野県諏訪市湖岸通り5-12-18 第3集会室)
対象:設計事務所・工務店・行政関係者
CPD:2ポイント
定 員:30名
参加費:無料(懇親会は5,000円(税込)/当日支払い)
主催:主催/一般社団法人木造施設協議会
   共催/OMソーラー株式会社
   後援/一般社団法人長野県建築士会諏訪支部
   一般社団法人長野県建築士事務所協会諏訪支部



<プログラム>
 13:40 受付開始
 14:00 記念講演「地域の木材を使った施設建築」
    Ms建築設計事務所主宰・三澤文子氏
15:00 報告「室内環境と健康を考える」
    OMソーラー施設建築担当執行役員・柿崎秀雄
15:40 フリーディスカッション
16:20 終了予定
17:00 懇親会(有志による)*場所は当日ご案内


<講師プロフィール>
三澤文子氏
Ms建築設計事務所主宰。
岐阜県立森林文化アカデミー客員教授地域木材を使用する木造建築の設計と木造建築病理学を踏まえた改修設計を実践する。
著書に「住宅に空間力を」(彰国社 2007)、「最高の木造住宅をつくる方法」(エクスナレッジ 2010)など
2007年に日本建築学会賞教育賞受賞、2013年日本建築士会連合会賞優秀賞(北沢建築工場)




参加申込など、詳しくは……★諏訪建築士会セミナーチラシ0108-1

木造施設協議会について