お知らせ

8/25(木)「環境シミュレーションと環境デザインの横断」オンラインセミナー

環境シミュレーション技術を設計のデザインの手がかりにする
2022年8月は、スタジオノラ共同主宰/東京大学大学院工学系研究科建築学専攻特任准教授、谷口景一朗さんにご登壇いただき、環境シミュレーション技術によって、光、風、温熱環境といった自然の要素を手がかりにした環境デザインについてお話しいただきます。シミュレーションすることで広がる設計の可能性をいくつかの事例をもとにご紹介していきます。
【開催概要】 ・日 時:2022年8月25日(木)15:00〜17:00
・開催方法:Zoomによるオンライン配信
・参加費:無料
・対 象:協議会会員の皆様(工務店・設計事務所・メーカー・サポーター)、協議会に関心をお持ちの方々
・登 壇:谷口景一朗氏|合同会社スタジオノラ

▼お申し込み方法
参加希望の方は下記フォームにて事務局まで、【会社名・担当者名・メールアドレス・連絡先】をお知らせください。
https://forms.gle/zuvP7CYE4XvAS4MR8
 ※参加申込いただいた方へ当日参加用のURLをお知らせします。
 ※参加申込締切を8月24日(水)正午とさせていただきます。
 ※協議会会員以外の方でも、活動にご関心をお持ちの方にご参加いただけます。
 (事務局よりご相談させていただく場合がございます)
■セミナー内容の一部
保育園 最小限の設備で補う快適な環境
①地域気象データに基づく環境シミュレーション
パッシブタウンで2016年から蓄積されてきた現地気象データを使って解析を行い、子供のレベル(FL+500)での室内環境(温度・湿度・CO2濃度)の快適性を複数の指標を使って検証、その結果を設計にフィードバックして建物の形や窓の配置、設備の仕様を決めています。保育園では日常的に窓開けが多いので、できるだけ自然通風を利用して快適な環境を作り、冷暖房期間を短縮することを目指しました。

②省エネルギー性能と創エネによるZEBの達成
高性能外皮や通風・日射制御のパッシブデザインとヒートポンプ式床暖房、ルームエアコン、全熱交換器、LED照明等のアクティブ設備によって快適性を保ちつつ、消費エネルギーの最小化を図りました。最小限の太陽光パネル18.5kWにより、一次消費エネルギーがネットゼロのZEBを達成しています。
https://www.passivetown.jp/town/4th


■登壇者プロフィール
谷口景一朗氏(スタジオノラ共同主宰/東京大学大学院工学系研究科建築学専攻特任准教授)
専門は建築環境工学、建築環境エンジニアリング、建築環境シミュレーション。
省エネルギーかつ快適な建築環境を実現するために、特に熱環境・空気環境のシミュレーションを活用した設計手法の提案・実践を主な研究テーマとする。実建物での詳細な実測調査を通じて、設計時のシミュレーションによる予測精度向上を図るとともに、運用段階で不可避な建築を取り巻く不確実性を考慮した予測手法の提案を行う。また建物運用時のエネルギー消費量削減に大きく寄与する人の環境調整行動に着目し、AI技術を活用した実運用条件下でのリアルタイムシミュレーションを用いた熱環境・空気環境の可視化によって人の行動変容を促す技術の開発に取り組む。

-----

▼お申し込み方法
参加希望の方は下記フォームにて事務局まで、【会社名・担当者名・メールアドレス・連絡先】をお知らせください。
https://forms.gle/zuvP7CYE4XvAS4MR8
 ※参加申込いただいた方へ当日参加用のURLをお知らせします。
 ※参加申込締切を8月24日(水)正午とさせていただきます。
 ※協議会会員以外の方でも、活動にご関心をお持ちの方にご参加いただけます。
 (事務局よりご相談させていただく場合がございます)

オンラインでの開催となりますので、ぜひ経営者の方や設計や施設建築の担当スタッフの皆様にもお気軽にご参加いただければと存じます。
多くの皆様のご参加を心よりお待ちしております!

-----

[ お問合せ ]
 一社)木造施設協議会 事務局
 静岡県浜松市西区村櫛町4601(OMソーラー内) 
 TEL053-484-4700  FAX053-488-1701

木造施設協議会について