ジャーナル

WoodJournal
【開催報告】9/17 「建築」×「保育」オンライン設計セミナー
WoodJournal

ジャーナル

【開催報告】9/17 「建築」×「保育」オンライン設計セミナー

保育園園長インタビュー動画、建築家×保育研究者トーク

【開催報告】9/17 「建築」×「保育」オンライン設計セミナー

施設名:Risso kid'sきらり岡本保育園(東京都世田谷区)
話し手:RISSO KID‘Sきらり 坂本園長(インタビュー動画)、袴田喜夫建築設計室 袴田喜夫氏、常葉大学保育学部 村上博文氏
設 計:袴田喜夫建築設計室
施 工:相羽建設

【開催報告】9/17 「建築」×「保育」オンライン設計セミナー

自分らしくいつまでも居たくなる空間をテーマにオンライン設計セミナーを開催しました。

園長先生の思い「人間らしく自分らしく」いられる空間

Risso kid’sきらり岡本保育園の坂本園長による「大人も子供も」人間らしく自分らしくいられる空間をつくりたかったというインタビュー動画を見ていただきました。

保育の理想を建築に具現化するプロセス

続いて建築家の 袴田 喜夫氏から0歳から5歳まで活動の仕方、心の育ちも大きく違う子供たちが共に生活する保育園で、それぞれの年齢の位置付けを踏まえて平面的に断面的につめていくプロセスや保育者の理念を法規を含めせめぎ合いながらどのように建築に結びつけていくか丁寧にお話いただきました。
さらに保育研究者の村上 博文氏に学問の視点を入れていただき、子供を生活者、ひとりの人としてみる保育や、安全性と子供が楽しめることをバランスしコミュニケーションをとりながらつくる保育空間、家具、仕上げといった実務で悩ましいいくつかのトピックについて両氏にお話いただきました。
子どもの視点と、大人も子供も同じ気持ちになるという人としての視点と両方が大切だと感じました。
園長、建築家、研究者と違う立場のお話を伺ったことで子供と建築の関係が立体的に見えました。
ご参加いただきました皆様ありがとうございました。

文責:木造施設協議会事務局

木造施設協議会について