ジャーナル

WoodJournal
Big Seminar2018に出展しました
WoodJournal

ジャーナル

Big Seminar2018に出展しました

Big Seminar2018「持続可能な省エネ・木造建築‐自然と調和する建築デザイン」にブース出展

Big Seminar2018に出展しました

話し手:ヘルマンカウフマン氏(講演)

Big Seminar2018に出展しました

6月8日(土)東京品川にて開催されました、木造施設協議会の協賛企業でもある株式会社イケダコーポレーション主催のBig Seminar2018「持続可能な省エネ・木造建築‐自然と調和する建築デザイン」にブース出展いたしました。

木造建築のパイオニア、ヘルマン カウフマン氏の講演も

オーストリア中心に木造建築の設計を数多く手がけているミュンヘン工科大学建築工学部木造建築学科教授のヘルマン カウフマン氏を講師にお招きし、具体的に手がけられた多くの木造施設について、設計・施工・プレハブ技術・環境性能・地域性等多岐にわたりお話されました。

セミナー参加者は総勢約400名を数え、木造施設協議会のブースに対しても設計事務所、工務店、木材加工業者、建材メーカー、出版社など幅広く木造建築に携わる方々がお越しいただき、木造施設協議会の取り組みについてご説明させていただき、また木造施設のあり方について意見交換させていただきました。

会場の大勢の参加者に囲まれるヘルマン・カウフマン氏。

会場の大勢の参加者に囲まれるヘルマン・カウフマン氏。

イベントについて詳しくはこちらから

https://peraichi.com/landing_pages/view/bigseminar2018

木造施設協議会について